SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

長崎県、地方自治体として初のクラウドサービス提供

 長崎県は、16日から大村市にサービス提供を開始し、軽自動車納税証明書(車検用)交付申請と各種講座などの申込みが可能になった。このサービスでは、長崎県が開発したシステムをネットワークを通じて供用するため、安価かつ短期間でシステムの導入、サービスの開始が可能となる。 

 クラウドサービスの初期設定費は、85万円、利用料は住民1人あたり年間10円となっている。今後は、公共施設予約システム、電子決裁システム、グループウェアなど、対象システムを拡大し、県内外の自治体に利用を働きかけていく。

【関連記事】
博報堂、クラウドで広告業務を最適化するサービス開始
行政もWebを収入源に、47都道府県の9割がバナー広告を導入
大阪市が携帯でもPCでも受け取れる市民向けメルマガを発行

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/12/17 17:40 https://markezine.jp/article/detail/9164

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング