SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ダブルクリック創設者がつくった、なんでも比較サイト「FindTheBest.com」

 FindTheBest.comは、消費者に客観的で事実にもとづく情報を並べて表示することで、比較検索を可能にする。こうした比較検索サイトには、NexTag.com、Shopping.com、Kayak.com、Expedia.comなどがあるが、これらはテレビや航空券など特定の商品の比較に特化している。FindTheBest.comの特徴は、エンターテイメント、ビジネス、経済、教育、テクノロジーなど9つのカテゴリを持ち、それぞれのカテゴリが、さらに何十ものトピックを比較検索する「アプリ」を提供している点だ。

FindTheBest.comのトップページ

 FindTheBest.comはトピックごとに「アプリ」と呼ばれる情報を絞り込むページが用意され、ユーザーはフィルター機能をつかって、膨大な情報の中から必要なものを選び出すことができる。最初は、トップページの「比較カテゴリー」から、気になるカテゴリーを選んでもいいし、人気の比較アプリを選んでもいい。たとえば、今年のワールドカップの参加国の中からスペインとイタリアを選んで、両チームの特徴や結果を比較することができる。また、「健康」のカテゴリから「病院」を選ぶと、各都市にある病院のリストが表示され、左側にあるフィルターを使って、病院名、場所、救急医療サービスの有無などを指定して絞り込むことができる。

「犬種」を比較検索するページ
フィルターは左側にまとめられ、トピックによって設定項目はさまざま

 また、上の画面のように犬種ごとの特徴を比較したり、自分と同じ仕事で平均給与が高いのはどこかを調べることもできる。守備範囲が広いので、慣れるまでに時間がかかりそうだが、思いがけないトピックが並んでいるので見ているだけでも楽しい。

 FindTheBest.comをつくったオコナー氏は、2000年にダブルクリック社を去ったあとも2005年にグーグルが同社を買収するまで、同社にチェアマンとしてかかわっていた。その後、家族とともにカリフォルニアでサーフィンを中心とした生活をはじめた。10年のブランクを経てこのビジネスに戻ってきたオコナー氏は、ウェブの混沌にひとつの解決策を与えたいと考えて、このサイトを立ち上げたという。

【関連記事】
Googleがダブルクリックを買収 買収額はYouTubeの約2倍
ヤフー、日本でグーグルの検索エンジン導入へ
グーグル、ITA Softwareを7億ドルで買収 航空券の検索・比較ビジネスに意欲

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/05/15 09:50 https://markezine.jp/article/detail/11181

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング