SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

モメンタム、ビューアビリティ計測機能を拡充 広告主向けのアドベリフィケーションサービス提供へ

 Momentum(モメンタム)は、広告主向けのアドベリフィケーションサービス「Hyper Transparency for Advertiser(ハイトラ)」の提供を開始した。同サービスでは、アドベリフィケーション機能を広告主向けにパッケージングし、専門の担当者が導入から運用まで一貫してフルサポートする。

 昨今、広告システムの自動化・効率化が進展するウェブ広告において、取引実態の正確な捕捉が難しいことが課題になっている。アドフラウド、ブランドセーフティ、ビューアビリティといった広告の価値毀損に関わる問題の正確な現状把握と本格的な対策を行う「アドベリフィケーション」への取り組みは、広告主にとって喫緊の課題だ。

アドフラウド:"人"ではなく"機械"による不正な広告表示やクリックが発生していないか
ブランドセーフティ:不適切なページやコンテンツに表示されていないか
ビューアビリティ:可視領域にしっかり表示・露出されているか

 同社はこの度、ビューアビリティ計測においてもサービス拡充を行うため、確かな技術力を持つ欧州のアドベリフィケーション事業会社Meetrics社とのパートナーシップを締結。Meetrics社との連携により、YouTube、Instagram、Facebookなどの主要な大手広告配信面にも対応するビューアビリティ計測が可能となった。全方位型でアドベリフィケーションへの対策を実現する環境が整ったことから、この度のサービス提供に至った。

【関連記事】
GMO NIKKO、アフィリエイト広告向けの「アドベリフィケーション機能」を開発
DSP「Logicad」、「アドベリフィケーション機能」の拡充実施
「ScaleOut DSP」、無料でモメンタムのアドベリフィケーションソリューションが利用可能に
電通、IAS、Momentumなどと「アドベリフィケーション推進協議会」を設立 研究データを提供
オールアバウト、IASのアドベリフィケーションツールを導入

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/04/19 11:45 https://markezine.jp/article/detail/28287

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング