SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

フリークアウト・ホールディングスが伊藤忠商事と資本業務提携 小売店のデータマーケティング分野に進出へ

 広告・フィンテックなどの事業を展開するフリークアウト・ホールディングスは、伊藤忠商事との資本業務提携を締結した。

 これによって、フリークアウト・ホールディングスは今後、同社のテクノロジー基盤と伊藤忠商事が保有する膨大な有形・無形のアセットをかけあわせた、広範囲にわたる協業を進めていく。具体的には、デジタルマーケティング領域における新規サービスの共同開発や、アジアを中心とした海外事業の拡大などが挙げられる。

 これまでフリークアウト・ホールディングスは、メッセンジャーアプリやタクシー内タブレット端末といったタッチポイントを広告商品として開発することで、消費者行動の把握に努めてきた。今回の資本業務提携を通じて同社は、日本さらにはアジア圏において、消費者の購買行動を把握する上で重要となる小売店舗のデータマーケティング分野に進出していく。

 さらに、同社が有する広告・サイネージ技術やフィンテックといった技術アセットを小売店舗で活用することで、購買に寄与する広告指標の開発や、マーケターが安心して広告予算を投下できるような新たな広告商品の開発を目指す。

【関連記事】
離脱ユーザーにアプローチ!フリークアウト、アプリエンゲージメントツール「LayApp」をリリース
アジア進出時のマーケティングを支援!フリークアウトグループ、新会社UltraFreakOutを設立
ユーザーログを活用した広告配信が可能に 「アドエビス」がフリークアウトのプラットフォームと連携
フリークアウトの「Red」、クラシルとLOCARIへの広告配信可能に
Datorama、フリークアウトのDSP「Red」と連携 広告配信データを自動取り込み

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/12/17 17:00 https://markezine.jp/article/detail/29998

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング