SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

Twitterプロモーションの最新動向を追う(PR)

15秒最適化で高い完全視聴率を記録!大阪ガス事例に学ぶ、Twitter動画広告の可能性

Twitterが動画広告配信の選択肢に

MZ:今回の施策を通じて、どのような学び・気づきが得られましたか。

小寺:まず、Twitterの動画広告が持つパフォーマンスの高さを理解できたのは大きな学びでしたね。同時期に配信した他の動画プラットフォームと比較しても同等以上の成果が得られました。昨今はテレビCMとデジタルの動画プラットフォームで連動した広告配信が増えていますが、その選択肢にTwitterも常にプランニングに入れていかなければならないと今回の結果を見て感じました。今回はWebだけでしたが、今後はテレビCMとTwitterを連動させた施策にも挑戦したいです。

 また、テレビCMの出稿にはそれなりの予算が必要になるため、Webのメディア・プラットフォームでの動画広告活用と他Web施策との連携をもっと深めていきたいと考えています。これまで得意としてきた検索連動型広告で獲得を増やす際に、Twitterを含めたWeb広告で多くのお客さまの認知を集め、検索を促し、お申込みにつなげていく。テレビCM出稿のない時期も多くのお客さまに当社のサービスへ興味を持っていただき、お申込みいただきたいと考えておりますので、Twitterの動画広告は今後も活用していきたいです。

繁忙期にTwitterを中心にしたキャンペーンを検討

MZ:最後に今後の展望を教えてください。

小寺:今後はTwitterを中心とした施策にもチャレンジしたいと思います。2月~3月の新生活・引っ越しシーズンは電気料金プランの見直しが行われやすい時期で、通常その時期は様々なチャネル・お客さまとの接点でプロモーションを強化しています。そして、今回はハイシーズンが来る前にTwitterを活用したティザー施策を行い、指名検索の件数などを引き続きモニタリングしながら認知・検討を促していきたいと思っています。

 また、Twitterに限らずWeb広告の配信できるメディア・プラットフォームは数多くあるので、今回のように新しい広告メニューや媒体の活用を積極的に行い、クリエイティブや訴求軸ごとに相性の良いものを見極めていきたいです。

 最初はスモールスタートになると思いますが、社内で議論し仮説を立てて検証し、良ければ本実施していく。このように着実に成功事例を増やしながら、目的達成に向けたプロモーションの打ち手の幅を広げていきたいです。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
Twitterプロモーションの最新動向を追う連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/02/10 11:00 https://markezine.jp/article/detail/37987

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング