SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ボーナス時と普段でこんなに違う、女性のお金の使い方【JTB調べ】

 JTBグループのJMCは、旅行に興味がある20代から40代の女性を対象に、10月から11月にかけてアンケート調査を行い、各年代100名ずつ計300名から有効回答を得た。

 「生活費を除き、1か月に自由に使えるお金をどのように使っているか」をたずねたところ、普段とボーナス時とでは異なる傾向が見られた。まず、普段は「ファッション」が77.7%で最も多く、「趣味・遊び・スポーツ・レジャーなど」「グルメ・外食」「美容」に続いて「旅行」は5位。ところが、ボーナス時には「ファッション」47.0%に続いて「旅行」が42.7%で2位に浮上、さらに、「貯蓄・財テク・投資」が38.0%となっている。

生活費を除いた、1か月に自由に使えるお金の使いみち(普段とボーナス時)

 また、JTBグループが今年3月にオープンした、女性向けの旅行アフィリエイトサイト「トラベルセレプリティ.com」に、もしあれば参加しみたい会員制サービスを聞いたところ、「モニターのツアーへの参加、旅行関係の商品のモニター」が最も多く、「旅行や旅行関係の商品の割引サービス」「旅行や旅行関係の商品のクーポン」など、物理的なメリットのあるサービスが支持を集めた。

新サイトで利用してみたい会員制サービス

 また、参考値として公開された、サイトに興味がある女子大生のデータでは、「割引サービス」が最も多く、「クーポン」「モニター」への関心は39.3%に留まっており、さらにシビアな回答となっている。

【関連記事】
7割の女性がネットで旅行情報を収集、「でもさすがに衛星写真はチェックしないよね」も7割
「国内旅行」で成約した人の約7割が「株式」の広告もクリックしている【業界別クリック履歴調査】
ゲーム中でも女性は野菜の広告に反応、ゲームサイトに配信した「オイシックス」の広告のCTRは3%
有職女性のお肌のピークは「日曜日」サイアクなのは「金曜日」【資生堂「肌意識調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/12/09 18:50 https://markezine.jp/article/detail/6078

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング