MarkeZine(マーケジン)

記事種別

子どものお風呂はパパも活躍、バンダイがお絵描きせっけん発売

2009/03/02 17:15

 新商品のモチーフとなったのは、サクラクレパスが1926年に発売した子ども向けのお絵描き用画材「クレパス」。浴室の壁や体に好きなだけ絵を描いたあとは、そのまま普通のせっけんとして身体を洗うことができる。

「サクラクレパスせっけん」は水切りができる石鹸トレイ付き
赤・青・緑の3色入りで399円

 バンダイが2008年1月に、0~12歳の子どもを持つ保護者2000人を対象に行った調査では、半数以上の子どもたちが「母」と一緒にお風呂に入っている。しかし、2位の「父」も半数に迫っており、母親に任せっきりにしがちな子育ての中で、お風呂は父親も関わりやすく、リラックスして子どもとふれあえる場として機能しているようだ。

一緒にお風呂に入る人

 お風呂の中で、子どもたちはおもちゃで遊んだり、歌をうたったりしているほか、今日のできごとを話したり、数を数える練習をするなど、お風呂場が親子のコミュニケーションに欠かせない場として機能している様子がうかがえる。

お風呂の中ですること

 バンダイは、お風呂に一緒に入浴することで楽しみながらコミュニケーションを深め、子供の能力育成のきっかけにしようという“浴育”という考え方にふさわしい商品として、この商品をヒットにつなげたい考えだ。

【関連記事】
こんな時代だからこそやってみたい? 10万円札で汗をぬぐう油とり紙
夫が子育てに自信を持てるかどうかは、就業時間の長さと関係する
「公共交通機関は使いにくい」と感じるママが7割、“電子レンジのある授乳室”も登場
「子育て楽しい」と感じるパパ5割超、出産立会い率は49.8%に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5