SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

子どものお風呂はパパも活躍、バンダイがお絵描きせっけん発売

 新商品のモチーフとなったのは、サクラクレパスが1926年に発売した子ども向けのお絵描き用画材「クレパス」。浴室の壁や体に好きなだけ絵を描いたあとは、そのまま普通のせっけんとして身体を洗うことができる。

「サクラクレパスせっけん」は水切りができる石鹸トレイ付き
赤・青・緑の3色入りで399円

 バンダイが2008年1月に、0~12歳の子どもを持つ保護者2000人を対象に行った調査では、半数以上の子どもたちが「母」と一緒にお風呂に入っている。しかし、2位の「父」も半数に迫っており、母親に任せっきりにしがちな子育ての中で、お風呂は父親も関わりやすく、リラックスして子どもとふれあえる場として機能しているようだ。

一緒にお風呂に入る人

 お風呂の中で、子どもたちはおもちゃで遊んだり、歌をうたったりしているほか、今日のできごとを話したり、数を数える練習をするなど、お風呂場が親子のコミュニケーションに欠かせない場として機能している様子がうかがえる。

お風呂の中ですること

 バンダイは、お風呂に一緒に入浴することで楽しみながらコミュニケーションを深め、子供の能力育成のきっかけにしようという“浴育”という考え方にふさわしい商品として、この商品をヒットにつなげたい考えだ。

【関連記事】
こんな時代だからこそやってみたい? 10万円札で汗をぬぐう油とり紙
夫が子育てに自信を持てるかどうかは、就業時間の長さと関係する
「公共交通機関は使いにくい」と感じるママが7割、“電子レンジのある授乳室”も登場
「子育て楽しい」と感じるパパ5割超、出産立会い率は49.8%に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/03/02 17:16 https://markezine.jp/article/detail/6732

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング