SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ドコモ、食品販売事業へ向けて「らでぃっしゅぼーや」株式を公開買付け

 ドコモは、日々の生活をささえる「食品」を、ドコモの新たなコマース事業の重要商材と位置づけ、ドコモの約6000万人の顧客基盤への送客のしくみを活用した会員制宅配市場の拡大へ向けて動き出した。

 その一環として、ドコモは、有機、低農薬野菜と無添加食品の会員制宅配サービスを展開する、らでぃっしゅぼーやの発行済普通株式等の公開買付けを発表。らでぃっしゅぼーやの発行済普通株式など370万6600株以上(所有割合51%以上)の取得を条件とする株式公開買付けを行い、その成立後に、らでぃっしゅぼーやをドコモの子会社とする。

 そのうえで、ドコモ、ローソン、らでぃっしゅぼーやは、業務・資本提携の検討を行うとしており、ドコモがらでぃっしゅぼーやを完全子会社化した後に、最大20%の株式を公開買付価格でローソンに対して譲渡する。これによって3社は、モバイルITや物流ノウハウの融合、ローソンと らでぃっしゅぼーやによる共同物流センターの構築などを通じた物流機能の効率化をはかる。

【関連記事】
タニタ食堂、丸の内にオープン
急拡大するスマホの女性利用率
 「食べログ」でのクチコミ代行業者、昨年末で39社
掲載情報の信頼性評価、女性は「クックパッド」がトップ
ドコモ、「顧客満足度」で他社を圧倒

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/01/31 12:31 https://markezine.jp/article/detail/15100

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング