SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ヤフー、2000万のYahoo!ユーザーのアクセスを可能にする「OpenID」発行を開始

  「OpenID」は、複数のサイトを共通のIDで利用可能にするための認証の仕組みを提供するもので、「OpenID Foundation」が仕様を一般公開している。この仕様に準拠することで、アカウントサービスを持つサイトはOpenIDプロバイダとしてOpenIDを提供できるようになり、一般的なサービスを提供するサイトもOpenID対応サイトとして、OpenID利用者にログインサービスを提供できるようになる。

 ヤフーでは、最新の仕様である「OpenID 2.0」に準拠してOpenIDを発行。「ログインシール」や「ログイン履歴」など、Yahoo! JAPANが提供する認証に関するセキュリティ機能をそのまま利用することが可能になる。これによって、開発者はサイトをOpenIDに対応させるだけで、Yahoo! JAPANの2,136万IDのアクティブユーザーに向けて、独自の認証システムを必要とせず、利用者に新たなアカウント作成も要求しないサービスを開発・提供できるようになる。

【関連リンク】
ユーザーを囲い込む時代は終わった?米Yahoo!が「OpenID」サポート
日米はてな、「はてなスター」をOpenID対応に
【セキュリティ調査】記憶派?メモ派?ID/パスワードの保管方法

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/08/20 16:34 https://markezine.jp/article/detail/2578

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング