SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

丸井グループ、Adobe Experience ManagerとAdobe Targetを採用

 丸井グループはオムニチャネル事業強化の一環として、アドビ システムズ(以下、アドビ)のWebコンテンツ管理ソリューションAdobe Experience ManagerとパーソナライゼーションソリューションであるAdobe Targetを採用した。

 企業のデジタルマーケティングを支援するクラウドサービスAdobe Experience Cloud の一部であるAdobe Experience Managerは、Webやモバイルを始めとした様々なチャネルにわたってきめ細かな顧客体験を提供する、デジタルコンテンツ管理プラットフォーム。Adobe Targetはテストを通じたコンテンツの最適化により、パーソナライゼーションを実現するソリューションとなっている。

 丸井グループはこれらを導入することで、コンテンツの効果的な配信、コンテンツ制作の迅速化と効率化によるオムニチャネル事業の拡大とWeb業務に関連する外注コスト削減を目指す。

 丸井グループは2016年4月、オムニチャネル事業の専門組織を立ち上げ、店舗とWebのマーケティングを連携させ、顧客体験の向上に取り組んでいる。その中でこれまで外注していたWebコンテンツ制作を内製化することにより、より迅速なコンテンツの制作と配信およびデジタルマーケティングの知見を社内に蓄積することを検討していた。

 アドビは丸井グループが以前から導入していた分析ソリューションAdobe Analytics、さらに今回の2つのソリューションを提供するだけでなく、丸井グループの社員向けにカスタマイズしたWeb制作の基礎からWebトラフィックの解析、コンテンツ運用などデジタルマーケティングの実践を学べる講座を提供し、同社のデジタルトランスフォーメーションを支援する。

【関連記事】
イオン銀行、「Adobe Experience Cloud」を導入 オムニチャネル化の加速へ
博報堂とゆめみが資本業務提携、マーケティング活動におけるUX開発支援サービス提供へ
博報堂マグネットとIROYA、オムニチャネルを推進するプロジェクトを発足
アビーム、「SAP Hybris」活用しオムニチャネル推進を支援するサービス開始
パルコがオムニチャネル対応を強化、「カエルパルコ」のシステム刷新

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/09/08 08:30 https://markezine.jp/article/detail/27058

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング