SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

キリングループ、ヘルスサイエンス事業の体制を再編 D2Cチャネルへの取り組みを加速

 キリンホールディングスは、ヘルスサイエンス領域の成長を加速するために、協和発酵バイオ、ファンケルと連携し、ヘルスサイエンス事業のうちBtoC事業の体制再編を行う。

 具体的には、サプリメントなどの通信販売事業を行う協和発酵バイオのコンシューマープロダクト事業部(以下、CP事業部)を2021年12月末に、協和発酵バイオからキリンホールディングスに事業譲渡を予定している。また、キリンホールディングスのヘルスサイエンス事業部とCP事業部を完全一体化することで、「健康食品オンラインショップ」Webサイトの運営などといったD2Cチャネルへの取り組みを加速させる。

 なお2021年8月末より、ファンケルの完全子会社であるファンケル美健が運営するファンケル美健 三島工場で、キリングループのサプリメント製造を開始。これにともない、協和発酵バイオヘルスケア土浦工場での生産活動を、2021年11月末に終了する。

 キリングループでは今回のヘルスサイエンス事業の体制再編で、通信販売事業における効率的なマーケティング活動の推進と、健康・機能系商品の販売機会の拡大を目指す。また、ファンケルの生産能力と製剤技術の活用や、顧客対応の連携強化が進むことも想定している。

【関連記事】
キリン、FAIRY TAILの真島ヒロ氏が聖獣麒麟を描き下ろすWEB動画を公開
キリンビバレッジ、2018年のマーケティング戦略を発表
オプトとイルグルム、D2C向け広告運用支援を開始 LTV予測に基づくプランニングと広告配信をサポート
テテマーチ、三井不動産主導の「NEW POINT」に参画 D2Cブランドのデジマ支援を担当
博報堂、ダイレクトマーケティング強化のため博報堂プロダクツと博報堂ダイレクトの機能を再編

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/09/21 16:45 https://markezine.jp/article/detail/37332

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング