SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

イベントレポート

アシックスが挑むDX ランニングエコシステムを起点に、プロダクトとサービスの両軸で提供価値の向上へ

 創業70年以上の歴史を持つアシックス。近年は経営の中心にデジタルを据え、全社を挙げてDXに取り組んでいる。改革をリードするCDO/CIOの富永満之氏が「SAP CX DAY 2021」に登壇し、デジタル化の歩みを語った。本稿ではセッションの詳細と、個別取材の内容を紹介する。

アシックスが挑んだ経営のDX

 創業70年以上の歴史を持つアシックスは、2018年から全社を挙げてデジタル化に取り組んでいる。その舵取り役を担うのが、同社のCDO/CIOを務める富永満之氏だ。

アシックス 常務執行役員 富永満之氏
アシックス 常務執行役員 富永満之氏

 富永氏は日米のIT企業でキャリアを積んだのち、2018年にCIOとしてアシックスへ入社。2019年からCDOを兼任し、現在はボストンにある同社のデジタル拠点・ASICS DigitalのCEOも務めている。

 アシックスが展開するビジネスドメインは、競技者向けのシューズやアパレルを開発する「アスレチックスポーツ」、一般コンシューマー向けのカジュアルラインを扱う「スポーツライフスタイル」、スポーツ施設などを運営する「健康快適」の3つ。カバー領域は多岐に亘る。

 同社は「中期経営計画2023」において「デジタルを軸にした経営への転換」を目標に設定。また2020年に発表した「VISION2030」では、売上の90%を支えるプロダクトだけでなく、ファシリティやコミュニティ、そして多くのデータを活用しながら選手のパフォーマンス向上をサポートする考えを示した。

 では、ここ数年で同社のビジネスはどう推移しているのだろうか。富永氏は「2015年以降、チャネルシフトが大きく進んでいる」と語る。それまでは全体の9割近くを卸経由の売上が占め、長らく5%を下回っていたECサイトの売上比率が2020年には15.7%にまで伸長。リテールの売上を合わせると、全体の3割を占めるまでになったという。

【クリック/タップで拡大】
【クリック/タップで拡大】

ランニングエコシステムを構築しマーケティングをデジタル化

 チャネルシフトの動きを加速させているのがデジタル戦略だ。同社のデジタル戦略は3つの柱で成り立っている。

【クリック/タップで拡大】
【クリック/タップで拡大】

 1つ目の「デジタルビジネス」では、最も注力しているランナー向けのビジネスをデジタル化。デバイスを活用した走行距離・スピードの測定機能や、レースのレジストレーションプラットフォームなどを提供している。

 2つ目の柱が「デジタルマーケティング」だ。同社の会員プログラム「OneASICS」を活用し、パーソナライゼーションを促進してマーケティングの投資対効果向上を狙うという。

 3つ目の「デジタルサプライチェーン」においては、SAPのアパレルフットウェアソリューション「SAP Fashion Management System(FMS)」を活用。グローバルでビジネスを展開するアシックスでは、ホールセール・Eコマース・リテールを統合するシステムによって、オペレーションの効率化とコストの削減を目指している。

 デジタルビジネスとデジタルマーケティングの第一歩として、同社ではランナーとの接点に沿ったカスタマージャーニーを作成。どのような顧客がトレーニングからレース出場、リカバリーを経て再びレースにチャレンジするのかを把握し、最適なタイミングでランナーに必要なサービスやプロダクトを紹介していくという流れだ。

【クリック/タップで拡大】
【クリック/タップで拡大】

 これら一連のコミュニケーションを実現するために、同社は「ランニングエコシステム」を確立した。ランニングエコシステムを構成するのはOneASICSと、同社が買収した2つのランナー向けサービス。2016年に買収した「ASICS Runkeeper(以下、Runkeeper)」はサブスクリプションモデルのアプリで、月間360万人のアクティブユーザーがスマートデバイスを通じ走行距離を測定・記録している。同じく買収した「Race Roster」は180万人のユーザーを抱え、4,000ものマラソン大会に参加登録が行えるデジタルプラットフォームだ。

【クリック/タップで拡大】
【クリック/タップで拡大】

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
競技出場から健康維持まで、ランナーの多様な目的に対応するサービスを拡充

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
イベントレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

渡辺 佳奈(編集部)(ワタナベ カナ)

1991年生まれ。慶應義塾大学環境情報学部を2013年に卒業後、翔泳社に新卒として入社。約5年間、Webメディアの広告営業に従事したのち退職。故郷である神戸に戻り、コーヒーショップで働く傍らライターとして活動。2021年に翔泳社へ再入社し、MarkeZine編集部に所属。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/01/13 08:00 https://markezine.jp/article/detail/37940

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング