SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

米Yahoo!が検索業界に挑戦状、オープンな検索プラットフォーム“Yahoo! Search BOSS”と検索インデックスも公開

 Yahoo!は7月10日、オープンなウェブサービスプラットフォーム“Yahoo! Search BOSS(Build Your Own Search Service)”をYahoo! Developer Networkで公開し、ベータ版のAPIの提供を開始した。このAPIによって、サードパーティが独自の検索サービスを構築することができる。

 BOSSはアルゴリズムを用いた検索フレームワークを提供することで、ウェブ検索結果の表示やランキング機能を提供。1日に処理できるクエリも無制限となっている。また、BOSSを利用することによって、Yahoo! Searchのウェブ、ニュース、画像のインデックスと、その他あらゆるウェブ上のデータソースをブレンドし、独自の検索サービスを開発・提供することができる。ウェブ、ニュース、画像以外のYahoo! Searchのインデックスはこれから利用可能になるという。

 Yahoo!は、カーネギーメロン大学、マサチューセッツ工科大学などの大学とともに、これまでアカデミックな環境では不可能だった検索エンジンの研究を行っていることも明らかにしている。

【関連記事】
どうなるYahoo!買収? アイカーン氏参戦でMicrosoftが買収を再検討
Yahoo!とGoogleが広告事業で提携、あくまでもYahoo!の独立性は維持
米Yahoo!、自社サイトの情報をYahoo!の検索結果に提供できるオープンな検索プラットフォームを発表
 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/07/26 13:40 https://markezine.jp/article/detail/4493

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング