SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

オープンソース開発サイトSourceForge.JPでAdSenseの運用が可能に、収益はすべて開発者に還元

 2002年4月に運営を開始したSourceForge.JPは、現在3500を超える開発プロジェクトと3万名を超える開発者が登録され、オープンソース・ソフトウェアの開発が行われている。

 SourceForge.JPでは、統一的なユーザーインターフェイスのもとで、バグ管理、フォーラム、Wikiといった機能のほか、Webホスティング領域を提供しており、Webホスティング領域では、<プロジェクト名>.sourceforge.jpというURL、もしくは任意のドメイン名で、Webサイトを無償で運用することができる。これまでは、そのWebホスティング領域でのアフェリエイトを含む広告掲載は全面的に禁止していたが、今回の施策により、Google AdSenseを登録プロジェクトの意思で自由に利用することが可能になった。

 SourceForge.JPでは、登録プロジェクトへの収益配分率を100%とし、得られる収入はすべて登録プロジェクト側へ還元する。

【関連記事】
Google、コンテンツのないサイトにも広告を表示できる「AdSense for domains」発表
mixiモバイルのコミュニティページに、AdSenseを使ったコンテンツマッチ広告の配信が可能に
Google AnalyticsでAdSenseのデータ解析が可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/01/23 10:42 https://markezine.jp/article/detail/6386

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング