SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第66号(2021年6月号)
特集「SNSプラットフォーム徹底解剖」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

楽天が中古品専用サイトを新設、買取サービスも展開へ

 「中古市場」は、「カメラ」「パソコン・周辺機器」「家電・AV」「ゲーム・CD・DVD」「楽器」「本・雑誌・コミック」の6ジャンルで構成されている。提供する商品点数は約45万点で、今後はジャンルをさらに増やしていく方針だ。

 楽天市場では、昨年より「訳あり」商品に代表される割安感のある商材が人気となっているという。また、デジタル一眼レフカメラやパソコンなどは、商品のライフサイクルも短く、「新古品」「美中古」と呼ばれるお買い得な商品が市場に出回りやすい傾向にある。こうした状況を受けて、楽天は店舗がユーザーから中古品を買い取る仕組みも提供する計画を発表している。

 この買い取りシステムでは、査定金額で合意が得られた場合、店舗からユーザーに買い取り額が支払われ、同時にユーザーには、買い取り額の1%の楽天スーパーポイントが付与される。楽天は、この仕組みを整えることで、販売・買い取りという2つの側面から、中古品の流通を活性化させていくとしている。

【関連記事】
Amazon.com、中古ゲームの下取りを開始
ブックオフ、中古コミック1~3巻をランダムに封入した「タメシ買い」セットを販売
楽天会員数が5,000万人を突破、巣ごもり消費で増加ペース倍増

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング