SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

同居世帯で高まる「親への寄り添い」、近居では「外食時の会計は親」が57%

 8月に行われた調査では、12歳以下の子供を持つ20~59歳の既婚女性800人から回答を得た。うち、親世帯との居住距離を基準に、近居(1~2時間以内)400件、同居200件、遠居(2時間以上)200件。

 近居では「外食に行った際には必ず親が会計をしてくれる」が57%と、前回調査時(2008年10月)と同様、同居・遠居を大きく上回る傾向が見られた。

 一方、「食料品や日用品を送ってくれる」「雛人形や五月人形などを購入してくれた」は、同居と比べて近居・遠居で著しく高く、距離の離れたコミュニケーションのひとつとなっている。特に「食料品や日用品を送ってくれる」では、前回よりも近居と遠居で10ポイントほど増加している。

 「子供の面倒を見てくれる」「何かあった時には助けてもらえる」といった余裕や安心感では、親との距離が近い順にスコアが高い傾向にある。また「子供の教育やしつけについて最も相談する相手」では、前回の「遠居>近居>同居」という順序から「同居>近居>遠居」に逆転。同居世帯で、親への寄り添いが高まる傾向が見られた。

【関連記事】
実物大のチョウを表示、親子で採集ノートもつけられるiPhoneアプリ「日本のチョウ」
小中学生の親、テレビよりも激しいマンガへの拒否反応【PTA調べ】
夫に強まる“家族重視”傾向、「家族でテレビ」の団らんスタイルは9割超
子どもに人気のキャラクターは「ドラえもん・スティッチ・ポニョ」、母親に人気なのは「サザエさん・ハイジ・プーさん」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/09/11 11:20 https://markezine.jp/article/detail/8327

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング