SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

サイバーエージェント、人工知能を活用したチャットボット事業行う子会社を設立

 サイバーエージェントのアドテクノロジー分野におけるサービスの開発を行うアドテクスタジオは、人工知能を活用したチャットボット事業を行う連結子会社「株式会社AIメッセンジャー」を2016年7月1日に設立した。くわえて、人工知能を活用したチャットプラットフォーム「AI Messenger(エーアイメッセンジャー)」の提供を開始した。

 新会社の設立および同プラットフォームの提供開始は、WEB上においても実店舗と同じような接客と企業とユーザーをOne to Oneで結ぶ最適なコミュニケーションの実現を目指し行われた。

 AIメッセンジャーでは、2016年1月に設立した人工知能研究を行う「AI Lab(エーアイラボ)」と連携し、自然言語処理技術に基づいた独自の会話エンジンを開発。同エンジンは人と会話をするように、商品に関する質問や相談に回答することができ、さらに簡単な雑談にも返答することが可能になっている。

 「AI Messenger」は、先述の会話エンジンをベースに開発されており、ユーザーが入力した自然文から条件を自動で抽出し、FAQデータベースリストから該当する回答を自動で応答する。これにより、ユーザーからの問い合わせに対する回答スピードの短縮化と効率化を図ることができる。また、企業のWebサイト上のやり取りのみならず、ソーシャルメディアにも対応している。

【関連記事】
食の人工知能プロジェクト開始!カラフル・ボードと三菱食品が提携へ
タグピク、インスタグラマーのキャスティングをAIで容易にするプラットフォーム開発
ガリバーインターナショナルとUBICの子会社Rappaが協業~人工知能による自動接客を目指す
スーツブランド「P.S.FA」、人工知能「SENSY」を導入~DM最適化、ECレコメンドに活用
人工知能×DMPで優良顧客の類似ユーザーを発見!『Logicad潜在顧客ターゲティング』をリリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング