SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

テレビCM素材のオンライン運用がスタート~他社に先駆け、資生堂が実施

 10月2日に、テレビCM素材のオンライン運用がスタートした。

 これまで日本広告協会と日本民間放送連盟は共同で、テレビCM素材のオンライン運用を進めてきた。10月2日の時点では、民放テレビ局21局がオンラインの受け入れを可能に。今年度末までに東京、大阪、名古屋の全局を含む42局で、オンライン受け入れが可能になる予定だ。なお同取り組みの過渡期においては、ファイル運用によるオンライン搬入もしくはXDCAM搬入にて運用される。

 またこれを受けて資生堂は、10月6日オンエアのテレビCM素材のオンライン搬入を実施。同社はGroup IMDが提供する「IMD CLOUD」を使用して、オンライン搬入およびXDCAMプリント搬入を導入し、いち早くテレビCM素材のファイル運用を開始した。「IMD CLOUD」を活用することで、煩雑なテレビCM制作のワークフローが簡素化し、素材の搬入の迅速化や搬入素材の管理の簡素化など、オンライン運用ならではのメリットが期待できる。また将来的には、海外では既に始まっている、テレビCMにおけるプログマティックなクリエイティブに向けて、今後のテレビの媒体価値向上が期待される。

【関連記事】
博報堂DYMP、テレビ実視聴データを活用したテレビCM効果最大化ソリューション「Atma」を開発
「CMログリサーチ」が提供開始 CM接触ログとアンケート分析でテレビCMの有効接触回数を明らかに
セプテーニ、CMのアプリへの影響を分析するサービスを提供
ニールセン、YouTubeのモバイルアプリ広告のリーチ計測を日本で開始 クロスデバイス測定を強化
デジタルガレージ、訪日中国人向けのアプリコンテンツを共同開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/10/04 18:00 https://markezine.jp/article/detail/27198

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング