MarkeZine(マーケジン)

記事種別

テレビCM素材のオンライン運用がスタート~他社に先駆け、資生堂が実施

2017/10/04 18:00

 10月2日に、テレビCM素材のオンライン運用がスタートした。

 これまで日本広告協会と日本民間放送連盟は共同で、テレビCM素材のオンライン運用を進めてきた。10月2日の時点では、民放テレビ局21局がオンラインの受け入れを可能に。今年度末までに東京、大阪、名古屋の全局を含む42局で、オンライン受け入れが可能になる予定だ。なお同取り組みの過渡期においては、ファイル運用によるオンライン搬入もしくはXDCAM搬入にて運用される。

 またこれを受けて資生堂は、10月6日オンエアのテレビCM素材のオンライン搬入を実施。同社はGroup IMDが提供する「IMD CLOUD」を使用して、オンライン搬入およびXDCAMプリント搬入を導入し、いち早くテレビCM素材のファイル運用を開始した。「IMD CLOUD」を活用することで、煩雑なテレビCM制作のワークフローが簡素化し、素材の搬入の迅速化や搬入素材の管理の簡素化など、オンライン運用ならではのメリットが期待できる。また将来的には、海外では既に始まっている、テレビCMにおけるプログマティックなクリエイティブに向けて、今後のテレビの媒体価値向上が期待される。

【関連記事】
博報堂DYMP、テレビ実視聴データを活用したテレビCM効果最大化ソリューション「Atma」を開発
「CMログリサーチ」が提供開始 CM接触ログとアンケート分析でテレビCMの有効接触回数を明らかに
セプテーニ、CMのアプリへの影響を分析するサービスを提供
ニールセン、YouTubeのモバイルアプリ広告のリーチ計測を日本で開始 クロスデバイス測定を強化
デジタルガレージ、訪日中国人向けのアプリコンテンツを共同開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5