SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

インティメート・マージャーが米Drawbridgeと連携 クロスデバイス技術活用でDMPの精度を向上

 インティメート・マージャー(以下、IM)は11月20日、三井物産を通じて、三井物産の資本業務提携パートナーである米Drawbridgeとデータの相互連携を行い、ダイナミックデータを用いた信用スコアサービスの提供を開始した。

連携イメージ
連携イメージ

 Drawbridgeは、AIなどを活用したクロスデバイスマッチング技術を有している。同技術では、異なるデバイスを利用する同一のユーザーを、CookieやIPアドレスなどのデバイス情報をもとに識別。これによって、端末だけではなくそれらを利用する個人も認識することができるため、単一端末から得られた情報を他の端末に展開することが可能になる。 

 今後IMは、Drawbridgeの「Connected Consumer Graph」が保有するデータを受けるとともに、IMが持つ約4.7億件のオーディエンスデータの一部をDrawbridgeに提供する。これによって、両社間におけるデータの相互連携を実現する。

 Drawbridgeには、現在約33億台のデバイス(約10億人分)の月間アクティブデータが蓄積されており、その数は世界中の総アクティブデバイス数の75%にも及ぶ。そのため、IMの既存事業であるアドテク領域においては、マーケティングサービス精度の大幅な向上が見込まれる。

 加えて、今回の取り組みにともないIMは、各業界への信用スコアの提供を開始した。

 既に米国では、Drawbridgeのソリューションを用いて、ヘッジファンドに対するデータ提供やWebサービス事業者に向けた不正アクセス検知、セキュリティ監視といった活用が進められている。IMも同様に、国内の複数企業と、オーディエンスデータやIoTを通じたデータの収集・AI分析などで信用スコアに関する技術検証に取り組んでいる。

 IMは、こうした検証などの結果を定量値として企業に提供することで、「ヒト・モノ・カネ」といった経営資源にもとづいた定量的な判断をサポートする。

【関連記事】
顧客に応じた効果的な接客を実現!インティメート・マージャー、ShowTalkとのデータ相互連携を開始
ネオマーケティングがインティメート・マージャーと提携 ブランドリフト効果の分析サービスを開始
インティメート・マージャー、IoT機器を含むクロスデバイス推定技術を開発
インティメート・マージャー、BtoBマーケティング向けのサービス「Select DMP」を提供開始
Speeeがインティメート・マージャーと提携 ブランディング広告に有効なターゲティングが可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/11/21 14:45 https://markezine.jp/article/detail/29795

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング