MarkeZine(マーケジン)

記事種別

3割強の消費者が「洋服・靴・鞄」をネットとリアル店舗の両方で購入【オプト他調査】

2019/07/08 09:00

 オプトとコネクトムが組織する「オムニチャネルイノベーションセンター」は、イグニション・ポイントと共同で「消費者のデジタルシフト調査レポート 2019」を発表した。

ネットで購入したことのある商品ジャンル上位は「本」「旅行」「玩具」

 ネットでの購入経験比率が最も高い品目は、「本」で63%の人がネットでの購入経験があると回答。次いで、「旅行(60%)」「玩具(59%)」「洋服・靴・鞄(53%)」「家電(47%)」の順で、ネットで購入している消費者の比率が高い。

 一方で、「生鮮食品(12%)」「医薬品(15%)」「日用品(16%)」等の品目は、ネットでの購入経験がない人が多く、ネットでの購入意思が低いことが読み取れる。

「洋服・靴・鞄」は他品目よりネットとリアル店舗の両方で購入する傾向

 ネットとリアル店舗での購入実態として、「本」「旅行」はネットとリアル店舗どちらか一方のチャネルを使う傾向が高い一方、「洋服・靴・鞄」はネットとリアル店舗の両方を使う傾向が高いことがわかった。

「洋服・鞄・靴」「家具」の購買経験は若年層ほど多く

 品目ごとのネットでの購入経験を年代別に調査したところ、「本」「旅行」などの品目においては、年代による傾向がみられない一方で、「洋服・靴・鞄」「家具」といったカテゴリーでは若年層のほうがネットでの購入意向が強かった。

【関連記事】
ABEJAとCAMPFIREが業務提携 クラウドファンディングのオムニチャネル化を推進へ
オンワード、店舗スタッフを軸にオムニチャネル化を推進するサービス「STAFF START」を導入
オムニバス、リテール業界のデジタルマーケを支援する「リテールマーケティング ディビジョン」発足
ヤフー、FASTGYM24とOMO検証 Yahoo! JAPAN ID用いたスマートなジム体験を提供
インサイトコア、電通、D2C Rが協業を開始 最良な「OMO顧客購買体験」の実現を目指す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5