SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

“現役20代”と“元20代”の最大の違いは「酒・タバコはやらない」

 調査は、首都圏在住の20代男女300名の「現役20代」、30~50代男女300名(各年代100名ずつ)の「元20代」の計600名を対象に、2009年12月に行われた。

 普段の生活行動について聞いたところ、現役20代/元20代ともに「気に入ったものは高級ブランドでなくても買うほうだ」がトップとなり、かつての高級ブランド品志向が世代を超えて影をひそめつつある。一方、現役20代と元20代の行動を比較したとき、現役20代が元20代を最も大きく上回ったのは「酒、タバコはやらない」で、「親には何でもよく相談するほうだ」「親と一緒に買い物や旅行に出かけることが多い」が続いている。

調査結果は、NTTアドのサイトで電子ブックとして公開されている
『空気読本 vol.4~「いい子」でいたい20代』でも読むことができる

 また、生活意識、価値観については、現役20代/元20代ともに「家事や育児は、夫婦で協力してやったほうがよい」がトップとなったが、現役20代が元20代を最も大きく上回ったのもこの項目だった。

 そのほか、現役20代が上回ったのは「健康に気をつけることはカッコイイ」「意見を言うときは、その場の雰囲気を壊さないよう配慮したほうがよい」「将来に役立つことを今のうちに準備しておいたほうがよい」「利用頻度の低いモノは、自分で買わずに、借りたほうがよい」で、元20代が上回ったのは「“よい子”や“優等生”は面白みに欠ける」のみ。

 また、現役20代にとって言われてうれしいほめ言葉は、「ステキ」「やさしい」「親しみある」「ノリがいい」「つきあいやすい」。一方、元20代特有のほめ言葉としては「主張のある」「さわやか」「正義感が強い」「協調性のある」「知的」が上位に上がっている。

【関連記事】
20代に多い、食・家族・環境の意識が高い「高感度男性」
忙しすぎる30代、テレビ依存度が最も低い世代に
20代から30代で貯蓄額に変化、30代では3人に1人が「400万円以上」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/03/25 12:25 https://markezine.jp/article/detail/9957

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング