SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CMerTV、動画DSPを提供開始、既存のマスメディアと連動・補完する新しい広告手法が実現

 CMerTVは、広告主や広告会社が自ら条件を設定し、動画広告をセルフ配信できるディスプレイ広告を管理・運用する「動画DSP」サービスを開始した。

 DSPとは、ディスプレイ広告において従来の媒体枠を固定費で購入するのではなく、インターネットユーザーの属性・趣向などを分析し、1つの広告枠に対してリアルタイム競争入札(RTB)を行う仕組み。

 これまで広告表示は静止画バナーが中心であったが、動画DSPによってターゲットユーザーにより印象的に訴求できる動画広告の利用が可能に。また、TVCMの放送時間と併せてインターネット上にいるターゲットへ訴求をするなど、既存のマスメディアと連動・補完する新しい広告手法が実現。広告主や広告会社は、自ら効果を確認しながら配信時間や広告枠などを改善し、無駄のない動画広告のセルフ配信ができる。

 今後、CMerTVはスマートフォン向けの動画広告や、動画コンテンツの視聴冒頭にCMを流す「プレロール広告」など、欧米で需要の高い手法も順次提供する予定。

【関連記事】
アドウェイズ、動画共有サービス「niconico」でリワード広告を独占提供
ニコニコ動画、テレビで視聴可能に
「ニコニコ生放送」「ニコニコ動画」の企業活用が4割超に
モーションビート、スマホ特化型DSP「Bypass」にレコメンデーションバナー等3つの新機能
DSP等の使ってネット広告戦略的活用支援「mediba トレーディングデスク」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング