SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

暖房費節約にも一役買いそうな、人気の「あったかグッズ」とは?

 アイシェアは、家庭でのウォームビズについて、20代から40代を中心とするネットユーザー男女428名(男性52.8%、女性47.2%)に対して1月に調査を行った。家の中で暖房をつける以外に体を温める工夫をしている人は全体の68.5%。男性では58.4%、女性では79.7%と、やはり女性のほうが防寒対策に熱心だが、冷えを気にしなさそうな男性も、6割弱の人がなんらかの工夫をしている。

 具体的にその方法を聞いてみると、1位は「重ね着」、2位は「温かいものを食べる・飲む」、3位は「ひざ掛け」となった。ユニクロの「ヒートテック」など、発熱保温ウェアを利用する人も多く見られる。女性のものと思われがちな「ひざ掛け」をあげた男性は33.3%にのぼっている。

家の中で暖房をつける以外に体を温める工夫をすることは? (複数回答、n=298)

 カラダから出る水蒸気を九州して発熱するユニクロのヒートテックは、2003年冬の発売以来、改良を重ね、冬の定番インナーウェアとして広く浸透している。その人気を反映してか、「体を温める工夫として欲しいもの」では、「ヒートテックなどの発熱保温ウェア」が64.7%と最も高く、次いで「あったか素材 のくつ下」が43.7%と、この2つに人気が集中している。   

「ヒートテック」は発熱・保温だけでなく吸汗速乾や抗菌にもすぐれている

 自由回答には「腹巻」「七輪」「ハンテン」「スリッパ」「電気カイロ」などのほかに「猫」という回答も。ここで「コタツ」が出てこないのはちょっとさびしいが、なつかしのグッズもまだまだ健在のようだ。また、「熱効率の良い家」や「床暖房」「窓の二重サッシ」など、家そのものを改良したいという希望も見られた。

 MarkeZine編集部の近辺では、小さなゆたんぽを持参したり、社内でムートンブーツに履き替える女性社員もちらほら見かける。まだまだ寒い日が続きそうな2月は、こうしたグッズでひと工夫しながら乗り切りたいものだ。

【関連記事】
「ヒートテック」に続くヒットになるか、ユニクロが洗濯機で洗える女性用セーター発売
働く女性が感じるオフィス環境の最大の不満は「エアコン問題」
発言小町ユーザーの半数以上を占める「猫派」のために「ペットコーナー」オープン
年末商戦好調?それとも「巣ごもり化」? 08年末の国内ショッピングサイト利用動向【ネットレイティングス調べ】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/02/04 10:00 https://markezine.jp/article/detail/6479

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング