SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ライフメディア「LINEに関する調査」実施
最も使われているサービスは音声通話ではなく「トーク」

 ライフメディアは、自社が運営する「ライフメディア」においてLINEに関する調査を実施した。

 SNSやコミュニケーションアプリの認知を尋ねたところ、メディアなどでも話題となるFacebook、Twitter、mixiの認知度が非常に高く、Instagram、Pinterestの写真共有のSNSの認知度はまだ低い結果に。また、LINEは84%が認知をしており、現在使っている人は31%程度であった。

Q:SNSやコミュニケーションアプリについて、あなたに当てはまるものをお答えください。
※単一回答/スマートフォン利用者(n=3,706人)

 各SNSとコミュニケーションアプリの利用頻度は、Facebook、Twitterのユーザーは半数以上がほぼ毎日利用している。LINEは40%がほぼ毎日利用しており、週に1回以上利用している人は84%。

Q:あなたがご利用のSNSやコミュニケーションアプリについて、利用頻度を教えてください。

 また、LINEをどの端末で使っているか聞いたところ、59%がAndroidを利用しており、42%がiPhoneを利用していると回答。

 よく利用しているLINEのサービスは、「トーク」が88%で最も多かった。続いて、男性は「音声通話(53%)」、女性は「スタンプ(67%)」という結果に。

Q:あなたが利用しているLINEのサービスを教えてください。

 LINEの便利なところは、男性は「音声通話が無料(63%)」「簡単にメッセージが送れる(62%)」が上位になり、女性は「簡単にメッセージが送れる(79%)」「音声通話が無料(62%)」が上位だった。前問を見ても女性は「トーク」をよく使い、それにかかわる機能に便利さを感じている模様。

Q:LINEを使っていて、便利だと思う点を教えてください。

 LINEの不便なところとしては、「音声通話の音質が悪い」が48%で最多に。他には「電話帳に登録している人の情報が出てしまう」ことに33%が不便と感じている。

Q:LINEを使っていて、不便だと思う点があれば教えてください。

【調査概要】
調査方法:自社が運営する「ライフメディア」にてインターネットリサーチ
調査期間:2012年8月22~23日
有効回答:3,706サンプル(うちLINE利用者1,163サンプル)
調査対象:スマートフォン利用者

【関連記事】
ソフトバンク、フィルタリングサービスを利用する高校生も「LINE」を利用可能に
「LINEクーポン」スタート、「ホットペッパーグルメ」と連携
「LINE」登録ユーザー数が世界5000万人突破
スマートフォンとの相性の良さで、FacebookとLINEの利用者割合が急上昇【ニールセン調査】
LINEユーザーのアクティブ率77.4% 【LINE・Instagram・Pinterestの利用動向】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング