MarkeZine(マーケジン)

記事種別

博報堂DYホールディングスがNTTデータと協業を開始 ブロックチェーンなどを活用しデータを安全に管理

2018/08/08 09:00

 博報堂DYホールディングスとNTTデータは8月6日、協業を開始した。

 両社は、マーケティング領域において、ブロックチェーンを代表とする分散型台帳技術の活用を推進するために連携。取り組みの第一弾として、分散型台帳技術を活用したデータ監査基盤を博報堂DYグループ独自のマーケティングデータ基盤「生活者DMP」上に構築することを目指す。

 データドリブンなマーケティングが広がる一方で、データの利活用には、個人情報の取り扱いやプライバシーの保護や情報流出対策など、コンプライアンスへの万全な対応と配慮が求められる。このため、企業間でのデータ連携が進んでいないという現状がある。

 今回の連携により両社は、生活者の情報・購買行動データや意識データ、クライアント企業の顧客データなどを安全に扱える環境を実現したい考えだ。

【関連記事】
博報堂DYホールディングス、「データ・エクスチェンジ・プラットフォーム設立準備室」を設置
CAのアドテクスタジオ、広告事業への活用を目的に「ブロックチェーンスタジオ」を設立
仏Arianee、ブロックチェーンを活用したブランド品偽造対策のツールを開発 所有者のCRMも可能に
LINE、ブロックチェーンの研究・開発を行う専門組織「LINE Blockchain Lab」を設立
DAC、ブロックチェーン活用によるデジタル広告効果透明化実証実験スタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5