SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

凸版印刷、スマホをかざすだけでLINE公式アカウントとつながる新システムを展開

 凸版印刷は、スマホをかざすだけでLINE公式アカウントとつながる「One touch to LINE」シリーズの展開を開始した。また、同社は同シリーズの第1弾として「One touch スタンプラリー」の実証実験を実施した。

「One touch to LINE」の概要
「One touch to LINE」の概要

 「One touch to LINE」シリーズは、ミュージアムや商業施設などの展示物に添付された近距離でデータ通信ができるNFCタグにスマホをかざすだけで、すぐにLINE公式アカウントと友だちになることができる。QRコードを読み取るために、リーダーアプリを起動する必要がないため、ユーザーはストレスなくLINEでのコミュニケーションを行うことができる。

 運営企業側にとってはこれまで以上にリアルからデジタルへの誘導強化を図ることができるため、適切なタイミングでの理解・購買促進施策やチャットボットを活用したコンシェルジュ機能、外国語対応など、様々な用途に活用可能だ。

 第1弾である「One touch スタンプラリー」は、ミュージアムやイベント会場などの展示物に添付されたNFCにスマホをかざすだけで、ストレスなくLINE上でスタンプラリーに参加することが可能だ。なお「One touch スタンプラリー」の販売開始に先立ち、ミュージアムや商業施設などで、参加者の利便性検証を目的にした実証実験を実施しており、今後も検証を繰り返していく。実施済みの実証実験では、ユーザーから「簡単だった」「かざすだけならやってみるかもしれない」といった声が挙がった。

【関連記事】
凸版印刷、オープンエイトと業務提携 動画作成サービスを共同開発し新サービス「movring」を開始
凸版印刷、AIチャットボット「BotFriends」をアップデート SNSなどの連携をスムーズに
CCCマーケティングと凸版印刷が協業 Web広告接触者へ最短3日でDM発送が可能となるサービスを開始
凸版印刷とギグワークス、「AIリモート接客」システムを開発 遠隔操作により顧客の反応を可視化
LINE公式アカウントにユーザーが無料通話をかけられる「LINEコール」が提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/12/25 14:30 https://markezine.jp/article/detail/35219

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング