SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

リサーチデータで読み解く!最新Webマーケティング

eコマースの広告出稿は潜在層を狙え 【リサーチ】


 Webマーケティングガイドでは、インターネット通販のプラットフォームとしてのeコマースサイトが、どのように利用され、また利用者が現状のeコマースサイトをどのように感じているか調査した。今回は、その結果のうち、eコマースサイトの利用度や、サイトの探し方、商品ごとの購入経路の違い等について紹介する。【バックナンバー】

調査概要

 富士経済の通信販売市場の調査結果報告書「通販・e-コマースビジネスの実態と今後 2008-2009 市場編」によると、インターネット通販市場は2010年に2.5兆円、モバイル通販も4000億円となり、通信販売(物販)全体の50%以上をネットが占めることになるという。実際昨今の市場を見ているとeコマースサイトが乱立し、多様な商品が売られるようになっている。そこで、インターネット通販のプラットフォームとしてのeコマースサイトがどのように利用され、利用者が現状のeコマースサイトをどのように感じているか調査した。

 今回は、eコマースサイトをどれくらい利用しているかや、サイトをどう探すか、また、商品ごとにどういった購入経路を利用しているか等についてまとめた。

調査結果サマリー

  • 60代以上のシルバー層も他の世代と比べて遜色がないほどeコマースの利用率は高くなっている
  • eコマースサイトは楽天やYahoo!ショッピングなどの大手ショッピングモールを利用することが多い
  • eコマースでほとんど買い物をしない人は、よく利用する人たちに比べて、広告をクリックしてeコマースサイトを訪れて利用することが多い
  • eコマースをよく利用する人は他の人たちに比べて、特定のサイト名を検索してeコマースサイトを探すことが多い
  • チケット関係はインターネットで購入することが一般化している
  • カタログ通販は衣料品や家具、ギフト関連の利用が多い

調査対象

  • 調査対象は、15歳以上の男女659人
  • 性別は男性:女性=50.8%:49.2%
  • 年代別は10代:16.7%、20代:14.9%、30代:16.1%、40代:17.5%、50代:17.8%、60代~:17.1%

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
シニア層にも定着しつつあるeコマース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
リサーチデータで読み解く!最新Webマーケティング連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社セプテーニ(カブシキカイシャセプテーニ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/11/26 16:11 https://markezine.jp/article/detail/8817

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング